父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | comment [0] | trackback [0] | |
『不登校Q&A』保護者・不登校の子どもに関わるみなさんへ
JUGEMテーマ:笑う不登校

「ふきのとうの会」交流会にて、
『不登校Q&A保護者・不登校の子どもに関わるみなさんへ』という小冊子をいただいて来ました
 不登校Q&A 不登校Q&A

目次
 目次

次男が「オレ…もう…だめ…」と登校できなくなったのが平成19年(2007年)の1月だった。
それから三男が学校に行けなくなり…
末っ子には登校する努力をさせるのも止めた…

何が何でも学校に登校しなければならぬ…とは今はもう考えてはいないけど…
それでも改めて思い出すことも多かった
自分があの頃、どう感じていたのか…
次男が暴れていた頃、どうだったか…
などなど

発行は
「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」

category: | comment [0] | trackback [0] | |
『僕はもう、一生分泣いた―パニック障害からの脱出』円広志
評価:
円 広志
日本文芸社
¥ 1,365
(2009-01-27)
コメント:円広志さんといえば、前向きに生きている勢いのある方という印象があるけれど、パニック障害を患われたとのこと。 パニック障害の症状についてとてもわかり易いと思う。 具体的な処方などは書かれていないけれど、身近なパニック障害の患者さんを理解するためには、ホント&

JUGEMテーマ:神経症・パニック障害

今も心残りなことがある。

夫がうつ病休職中、末っ子が小学校入学を期にパートに出ることにした。
そこで…
パートのオバちゃんたちだらけの場所に、ただ一人、黙々と仕事をしていた男性正社員がいた。

かしましいオバちゃんたちをヨソに、一人、黙々と仕事をしていた。
新しく入ったばかりの私にはちょっと不自然に見えた。
正社員の皆さんのデスクとは離れた場所に、パートさんたちのデスクがあって、
そこに男性でただ一人、正社員でただ一人で仕事をしていたから…

入って一年ほどして…
彼は体の不調を訴えていくつかの病院に行った。

動悸がして、循環器系の病気を疑って診てもらったけれど「異常なし」だった、とのこと。

その後、
休むようになり…
そして「パニック障害」と診断されて休職した。

私は彼の仕事場での様子を見て、
こりゃいつうつ病を発症してもおかしくないんじゃないかしら…
と感じていた。

そのことを私は彼に伝えることができなかった。
せめて一言「調子悪くない?」と声をかけたら良かったと思う。

だが、
パートのオバちゃんたちの間では、彼はすこぶる評判が悪かった。

体型が丸くて頭髪が淋しく、でもワイシャツから覗く腕には立派な剛毛…
気の利いたような話ができず、ただただ黙々と仕事をする。
けれどうっかりミスがとても多くて…
それはきっと病気のせいだったのだと、今、私は思うけれど…

そんな彼に声をかけるにはとても勇気が要った。
当時の私は自分のことでいっぱいいっぱいで、そんな余裕も無かったし。

「パニック障害で休職」
その知らせを聞いて、オバちゃんたちは強い口調で言った。
「気持が弱いから」
「わざわざ病名つけたのかしらねぇ」

「違います」
「違うんです」
一人では言えなかった。

今、彼はどうしているんだろう…
パニック障害の症状は軽減したんだろうか。
職場に復帰できたんだろうか。
奥さんとの関係は悪くならなかったら良いんだけど…

私もその職場を、ほとんど逃げるようにして退職している。
近寄りたくもない気持が今もある。
スーパーでの買い物でさえ、かつてのパート仲間に会わないよう、極力努力していたりもする
今は知る術がない。

この本は去年1月の出版。
もう少し前にこんな感じの本が出ていたら…
あの職場での「パニック障害」についての考え方も、少しは違ったんじゃ無いかしら…

一番良いのは、彼女たちが体験すること…
そんな呪いをかけるようなことは思いたくは無いけれど…
でも「経験してみなければわからないこと」であることは確かだと思う。

「パニック障害」の症状について、よく書かれていると思う。
表 裏

category: | comment [5] | trackback [0] | |
私が結婚できるとは イグアナの嫁2
JUGEMテーマ:本の紹介

いつの間にやら『イグアナの嫁』の続編が出てた
↑知らなかったりして…

表表紙 裏表紙
Amazonにてげっと
ただしマーケット・プレースだったりして…
送料かかるけど、それ入れても安いのよ

評価:
細川 貂々
幻冬舎
コメント:「結婚」って一体何なんでしょうね。 「ゴールイン」であり「スタート」であり… ゴールしたとたん、その先に長い道が現れる、そんな感じでしょうか。 「結婚後はこうなる」って見せられていたら… 果たして結婚するのかな〜(^^;)

read more ?
category: | comment [0] | trackback [0] | |
『支えあって生きる』登校拒否・不登校 親の会20年全国調査
JUGEMテーマ:本の紹介

フリースペースSAKIWAIにてお借りしてきた本。
20年…
長男と同じ年。

支えあって生きる

親の会が出来るに至ったいきさつ、
全国ネットワークになった歴史が収録されています。

また、不登校で学校に行かなかった子ども達のその後なども。
各地の「親の会」の紹介ページ、
全国ネットワークの刊行物の紹介ページも。

コチラで入手できます

category: | comment [0] | trackback [0] | |
めんどりペニー
JUGEMテーマ:絵本紹介

 めんどりペニー
ポール・ガルドンの絵本シリーズ
この本はお話、絵、共にポール・ガルドン

買ったのはいつだったか…
当時、どこにも在庫が無くて、
出版元、童話館出版に問い合わせたんだったっけか…
覚えてない

なんともぶらっくなゆ〜もあのお話で…
正直者は必ず、どんな場合においてもキチンとした対価を得られる…
とは限らない…とでもゆ〜か…

ま、早合点しちゃったのも悪かったし…
集団心理でよく確かめもせずに尻馬に乗っかっちゃったのも悪い…か…
しかし、
いやはや、
なんともお気の毒

ほくそ笑むキツネのロキシーは悪者キャラ丸出しだけど
でも奥さんと、七匹の子ども達にとっては、素晴らしいらっき〜を運んだ頼もしいパパ
なんだろ〜な〜

評価:
ポール ガルドン
童話館出版
コメント:とってもブラックな絵本です。 まさかそんな展開になるなんて… でも逆から見れば、ホントにラッキーなお話。

category: | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |