父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
←old | main | new→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | comment [0] | trackback [0] | |
『わが家の母はビョーキです』
評価:
中村 ユキ
サンマーク出版
¥ 1,260
(2008-11-18)

評価:
中村 ユキ,当事者のみなさん,福田 正人
日本評論社
¥ 1,260
(2011-05-27)


三男の通院で
心療内科の待合室で
ふと手に取った本。

「統合失調症」
作者の母親はこの病気。

夫がうつ病で、
ネット上での交流で
伴侶が、親御さんがこの病気の方々と
触れ合った機会があった。

うつ病もそうなんだけど、
まず
「病気を知ること」が一番大切なんだと思う。

そして
通院の際は家族も一緒に医師と話しをする。

コレも大切だと思う。

いつも思う。
うつ病もストレスが大きな原因。
統合失調症もストレスから発症する。

他の病気だって、きっとストレスも原因の一つになるんじゃないかな。

なぜ
病気になるほどのストレスを
みんな抱え込むんだろう…

たくさんの人が病気になるほどのストレスを抱えている社会って
ナンかヘンなんじゃないかな…

著者が4歳の時に母親は病気を発症した。
著者は長じて
こういう本を出すことができた。

でも
幼少期にこんなすさまじい体験をした人たちが
全員が全員、普通に成長できるんだろうか…

思った…

幼少期の体験が元で他人を傷付けてしまった…
そう公言したというケースがあったとか…
それを批判する意見を聞いた。
けれど
本当にその方を「批判」するだけで良いんだろうか…
どうしてもそう思う。

category: | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |