父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
←old | main | new→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | comment [0] | trackback [0] | |
宝塚歌劇雪組公演『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

初日明けたばかりの
雪組公演、行って来ました

ポスター

公演時間

ロビー

ラウンジ

出演者


幕間休憩終了前…
客席より
二階は…
S席もA席も
かーなーりーな余裕…
B席には
中学校の団体さんがいらした
だから…?
かなり埋まってた

正直…
あんまり期待してなかった…
木村センセだし…
キムシンテイストだらふと…


すごッすごッ
つよッつよッ
とか
どーかー
ボクとどーかー
ボクとケッコンしてーくだーさーいー
とか

ところが…っ
コレが良かったんだな、
とっても
(こらこらこら…っ)

スペインが舞台…
今までのもろもろの作品では
どっちかっつーと
スペイン…ってば
強権的で
圧政で…
みたいな…
『エルドラード』じゃ
もろ悪役だし…

ワルい人が全然出てこない

それぞれが
いろいろと考えるところがあって…
それが方向が違っちゃって
だから上手くコトが運ばない
誤解も生じる…

だけど
誤解も解けて
旅立つ…
ホントに
あぁ良かった…
なエンディング

王子ドン・カルロスの、なんとまっすぐで正直で
思慮深いこと
そのまっすぐさ加減が
キムちゃんにどんぴしゃ

カルロス王子の父王、フェリペ二世がまっつ。
同期同士の親子ねぇ…
と思ったんだけど、
まっつのお父さまぶり
これがまた良いの〜
父親の苦悩、
妻を亡くした夫の悲しみ
そして王の孤独、
次々と湧き出る疑念の描き方も良い〜

王族にある者の孤独…って
月組さんでやったばっかりなんだけど、
月組さんの方は
ひねりの効いた…
少々効き過ぎなきらいもある…
そんな感じだったのが
コチラはホントにストレートで
わかり易い
ついで
ドレスもたくさん登場で、
ホントに宝塚らしい華やかな作品になってると思う

ドン・カルロスを密かに愛する
女官レオノールみみちゃん、
ひたすらに身分をわきまえて控えてる…
だけど
ドン・カルロスが捕らえられ
異端審問にかけられるという
その前夜、牢獄に忍び込む、
その行動力に拍手〜
お衣装が汚れて破けて
裸足です

そして
そのセリフが心に残った…
「男の人は勝手です…っ
(中略)
「生きてください…」

ドン・カルロスの牢獄の周りには
彼を慕う人々が集まり…
彼を案じてアカペラの合唱
美しいです

場面は遡るけど、
ドン・カルロスが
マドリードの教会に赴いた際のエピソードも楽しー

ホントに
なんでこんなに真っ直ぐなん
と思うほどにカルロス王子は真っ直ぐ…

舞台上では
義理の息子の義理の母親への不義の愛が疑われるけど…
でもそれは
王子のセリフから全くないのがよくわかって…

義理の母親の義理の息子への不義の愛が疑われる…
そんな演出になってるけど、
そっちもまた全くの誤解で

なーんでみんな、
揃いも揃ってまっすぐな人たちばっかりなの
みたいな感もあるんだけどね…
そんなに世の中甘かーねーよ…
と思っちゃうところもあるけど…
だけれど
人間って信頼することってできるよね
そんな希望が持てて
嬉しい…

でさ…
ちぎちゃん…
あゆっちとナニしたん…
どしたん…
それが引っかかった
そして
そのお手紙の内容を是非知りたいのですが…

その
コトに至っちゃった、
そのきっかけの「事件」の描かれ方が…
ちーと弱いかなー…
ちぎちゃん、彼女のこと愛してたん
それとも
あまりにも哀れで、それでショックだったん

あ”あゆっち、
眼帯してます…
お稽古場風景からは
女海賊かいな
みたいな…
でもそうじゃなくて、
じゃ、なんでまたそんな真っ黒な眼帯を…

原作読んだらイイのか…
↑読む気なし

フェリペ二世…
ネーデルラントの新教徒…
時代は『エル・アルコン』と重なると思ふ
彩凪翔ちゃん、
ファルネーゼ家の御曹司らしくって
ティリアンとはご親戚に当たるのかしらん

ドン・カルロスは
世界に見聞を広げる旅に出る。
その後
スペインは凋落して行ったのかなー…
必ずしもめでたしめでたし…
ではないのかもしれないけど、
でも良いの…
希望はあるの…

ショー
Shining Rhythm!では…

オープニングのお衣装は
月組さんでお見かけしたやうな…

ミロワールの
水さんととなみちゃんのかなーとか…
宙Fantasistaの月のシーンの衣装だよね…とか

Shining Cool Rhythmは…
ちょーっと小さいお子さまには
刺激が強かーねーか
でもキレが良くて良かった

光と影も
かーなーりー激しい振り付けになってて
でも良かった

ロケットでは
ロケットボーイ彩凪翔くん、一緒に足上げしてます

大階段の黒燕尾は
ナニこの歌詞は…
と思ったら「パダンパダン」だった

デュエットダンスは
「シェルブールの雨傘」

なーんか
書き殴りの
ヘタクソな作文になっちった
レポートにならなくって
スミマセン

でも
思いがけずに良い作品が観られて
エネルギーもらって帰って来ました

category:観劇 | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |