父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
←old | main | new→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | comment [0] | trackback [0] | |
「HOPE」…きぼう…
JUGEMテーマ:うちの家族

いやー
タイヘンだった

夫と三男、末っ子が
三人で車でどこぞに行ってしまった…
なかなか帰らない…

ソレがわかったのかどうなのか、
HOPEは
しょっちゅう
不安そうな顔をする…

だいじょーぶ、
おかーさんはウチに居るから

でもちょっとした物音で
玄関の方に飛んで行く。
玄関には行けないんだけど
その一番近くまで行って
じっと耳を澄ます…

待ってるのかなー
やっぱり…


試験だった長男が帰宅して
やっと私も買い物に行ける

で…
私の留守中…

今度は長男にまとわり付き
甘えて吠えて
「トイレにも行けんかった
と長男

晩ご飯時。
HOPEの
コレまで生きて来た
来し方を思いやった…

カレは確かに誰かに飼われていた。
だけど…
どういう経緯だったのか
さる機関に持ち込まれてしまった…
そこで「処分」されるかもしれなかった。

だけど…
カレを助けようとしてくれた人がいて
大阪まで来て…

それなのに
保護主さんを
預りさんを
噛んでしまった。

けれど
カレはそれでも
その代償としてしかるべき機関に連れて行かれてしまうことなく…

そして今
ウチにこうして居る。

カレを棄てた人も確かに居た。
だけど
カレを助けようとしてくれた人が
確かに何人も居た。
だから
カレは今
「HOPE」としてウチに居る…

世の中
棄てたモンじゃないよね…
イロイロと
信じ難いコトも起きるけど
でも棄てたモンじゃないよね…

ナニが幸いに繋がるか
それもわかんないよね…

それってさ
キミにも当てはまるよね…

ヒドい目に遭って
今は確かに
さいてーな生活してるかもしれない。
でも
ソレがどんな幸いに繋がるか
それはまだわかんないよね…

「うん」
と次男がうなづいてくれた。

HOPE、
ウチに来てくれてありがとう

次男が
「うん」って
うなづいてくれた
それだけの力を
キミは持っていたよ

HOPE…
キミはやっぱり
「希望」だよ

category:家族 | comment [6] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment
だりあさま

少し前までは
email欄のアドレスが
他の方にも見えてしまっていましたが
今は見えなくなったようです(^^)
大丈夫ですよ(^^)
| みなみん | 2011/09/22 12:06 AM |
みなみさん、本当にご親切、ありがとうございます。
うれしくて嬉しくて。心強いです。
ダイレクトメッセージを送りたいのですが、どうすればいいですかね?
ここのnameの下のemailの欄に、私のemailを表示すると、他のかたにも、見えてしまうのでしょうか?
あまり詳しくないので、いつか教えていただけると幸いです。^^
| だりあ | 2011/09/20 7:11 PM |
だりあさま

宝塚に関しましては
どーしても
一歩が出し難い…
という時はご連絡くださいませね(^^)
ご案内も
アドバイスもいたしますから(^^)
↑アクマの囁き(^^;)

HOPEの保護主さんのblogがあります。
もしご興味があったらご覧になってみてください(^^)

『笑顔を見せて』byレモピさん
http://lemoppi.blog81.fc2.com/

カテゴリー「ホープ」
http://lemoppi.blog81.fc2.com/blog-category-19.html

HOPEについて詳しい経緯が載っています(^^)
| みなみん | 2011/09/20 10:34 AM |
ひゅーごのママさま

小鳥もネコも…
そしてわんこも
限りない親愛の情を示してくれますものね。

そして
「わんこの里親」
ってことも大きいでしょうね…
タイミングがずれていたら
生きてはいないコだから…

タイミングが悪くて
生きることが出来ないコも多いって
裏返しでもあるのでしょうけれど…(T_T)

私はそれでも
「人間」を信じたいです。
追詰められてしまうと
信じられない行動に出てしまうけれど…

どうかみんなが幸せを感じられる
世の中になりますように…
ホントに微力ながら
模索しています。
| みなみん | 2011/09/20 10:27 AM |
こんにちは、私もうるうるきました・・・
そういう経緯でやってきた、わんちゃんだったのですね。
動物もちゃんと、人間の気持ちを理解することができるらしいので、
みなみさんちで、おだやかな性格になっていくんだろうな〜って、思います。

それから先日は、宝塚情報ありがとうございました!
初心者向けサイトなどもあるんですね^^教えていただき助かりました。
ぼちぼち勉強して、そのうち行こうと思います!

| だりあ | 2011/09/19 4:49 PM |

読んでいてジンワリきました、最近歳のせいか涙もろくって(~_~;)


うちのひゅーごを見ていても思います、ちょっとしたタイミングの違いがあったらもうひゅーごもこの世にはいなかったのかも知れないって・・・・・・

それでも今はわが家の子、みんな里親さんの希望の星になっていますよね♪。
| ひゅーごのママ | 2011/09/19 7:31 AM |









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |