父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
←old | main | new→
「具体的」に褒める「すかさず」褒める
JUGEMテーマ:うつ病と家族

晩ご飯が9時台ってどうよ…

遅いよなー
と思いつつ、
どーしても
7時ごろにならないと
支度に取り掛かれなくて…
アレコレやってるうちに
みんなが晩ご飯を食べられるのが9時前後…

家族から
特段
クレームも出てないんで、
なんとなく
こんなペースで行っちゃってる…

晩ご飯食べつつ…
TVではNHKスペシャルが放送になってた。

最初から見てたわけじゃなかったけど…
どうやら
「脳」
の回復についてのようだった。

コチラ
『脳がよみがえる〜脳卒中・リハビリ革命〜』



患者さんの言葉。

いつまでこの状態が続くのか
先が見えなくて辛い…

なぁ
次男…
キミと一緒なんちゃう?

「うん…」
「良くなったって言われても自分じゃわからへん…」

すかさずテレビからも
患者さんの口から
「良くなったと言われても自分ではわからんのです…」

同じだよねー、
ホント…

それでも
番組では
マヒしていた指先が動かせるようになっていった。

時に回復は
はかばかしい成果が上がらない時期がある。

しかし…
周りの人たちの
「褒める」
という対応が
素晴らしい成果に繋がっていっている
と具体的な数字も挙げられていた。

「褒める」コツは
わかりやすく
すかさず
褒めること、
なんだそーな

そうすると脳内で
褒められて活性化する場所があって、
そこからドーパミンが放出されるんだって
そして
その「褒められた」行動をつかさどる場所が
さらに活性化するんだと…

そっかー
じゃさ、
キミをじーーーーーーっと観察して…

ちょっと…っ
次男…っ
あーた、イマ寝たわよ…
気付かんかった…
でも確かに寝たわよ…
エラいわねー
スゴいねー

そう褒めたら寝られるようになるかいねぇ…

そう言ったら
次男、
目ぇひん剥いた

はひ…
ココんとこ
台風の影響なのか
次男、
すこぶる調子が悪く…
午後には
「ぼーっと時間が潰せるようになれる薬って無いのか…」
などと訴えて来た。
イライラして調子が悪いんだと…

でもさ
フリョウ母が
コンなこと言っても
「更に寝ささんツモリかい…っ
と突っ込めるようになっただけ
良くなってると思うよー、ハハは。

そもそも
「調子が悪い」
と言葉にして言えるようになったのも
良くなっている何よりのコトだと思うし…

でもね…
イツまで続くのかな…
そう思っちゃうことはあるよ、
正直

それはきっと
キミもおんなじ
なんだろうけどね…

category:サポート | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |