父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
←old | main | new→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | comment [0] | trackback [0] | |
不登校、ひきこもり こころの解説書-僕がひきこもりだったときに言えなかったこと
JUGEMテーマ:注目★BOOK

実家に帰省中に読了した。
ホントに読み易かった

次回、金馬先生に直接お目にかかる機会があると思うので、
その時にでも感想をざっと書いてお渡ししようかな…と思う

金馬青年がひきこもった頃、
その心理状態は、私の育児孤独地獄の頃とそっくりだった。

そして…
今現在、次男がその「地獄」に陥っているのだと、
キチンと結び付いたと思う。

実際に自分が「地獄」に居たのに、
次男が同じ「地獄」に居ると、結び付いていなかったのね…
どういうワケか…

そして…
金馬青年は「地獄」から抜け出ることができた。
実際にお目にかかって、
そんな「地獄」を体験しているようには、お見受けできない。

…つくづく…
ヒトは見かけによらぬもの…

人間、ナニが幸いして「地獄」を抜け出られるのかわからない。
その人その人によって違う。

私は…
末っ子が生まれたこと。
タカラヅカに出会えたこと。
そして何より、
私自身が抑うつを経験したこと…

今はタカラヅカにウツツを抜かし、
過去に、そもそもの根本、
「自分の存在価値」までも見失っていたことなんざ、
誰にも想像は出来ないことでせう…

ええ〜〜ぇ
忘れてなんざいませんのことよ〜
以前
「子どもが苦しんでるのに観劇三昧、いい気なモンですね…」
とコメント下さったあ〜た…っ…

だから私は言い続けよう…
たとえ小さな声であっても…
罪を犯した、当事者だけを責めないで。
そこに至るまで、
きっと彼や彼女は、
傍からは想像もつかない「地獄」を経験している

まだまだ
次男は歩き出せていない。
だから大きなことは言えないんだけど…
でも次男も何かをコワす時期は通り過ぎてくれたものと思ってる…

不登校 ひきこもり こころの解説書の商品検索 通販 | カラメル

category: | comment [3] | trackback [1] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment
>履歴書の添え状さま

コメント、ありがとうございます。
こちらこそ、読んでくださってありがたく思います。

反応の遅いblogですが、ぼちぼちとお付き合いくださいますと嬉しいです。
| みなみん | 2010/08/21 2:05 AM |
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
| 履歴書の添え状 | 2010/08/19 1:31 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/08/16 7:32 AM |









Trackback
url:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/08/21 10:07 AM |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |