父(ウツ病8年生)・母(サポートウツ5年生)・広汎性高機能発達障害兄弟4人、6人家族の日々です
長男(23歳)は大学卒業、未だ就職が決まらず…
次男(21歳)は高1の1月から不登校で留年、閉鎖病棟入院も体験、高校1年生を6度…、しかし復帰できずに退学
三男(19歳)は中3、4月半ばから不登校、高校受験せずに卒業しました
末っ子(13歳)は中2、小3、6月末から不登校です
宝塚観劇大好きです♪
どうやら実生活はとてもタイヘンなようで…
頑張らないがモットー(^^)
できない時はやらないで、ぼちぼち生きてます(^^;)
このたび、元「保護犬」
ミニチュアダックスフントHopeが我が家にやって来ました
そしてそして
保護犬の預かりなんかも始めちゃいました
現在の預かりっ子はSnowy(マルチーズ♂去勢8才4.5キロ)
我が家のどたばたはさらに磨きがかかります(^^;)
ぱいなっぷる〜♪
JUGEMテーマ:笑う不登校
 
「ぱいなっぷる〜
という末っ子の声に振り返ったら…
ぱいなっぷる


記念写真撮るハハもハハだが、
そのままでずっと居てくれる末っ子も末っ子…
read more ?
category:育児 | comment [0] | trackback [0] | |
「パパ」をもっと楽しもう!〜男性育児の第一歩〜
JUGEMテーマ:育児

チラシ昨日が大劇場と映画のハシゴ、
そして今日が講演会…
書いておきたい記事はテンコ盛り、
でも私のカラダは一つだけ…
あないそがしや…

講演会に行って来ました
講師はNPO法人ファザーリングジャパン代表、安藤哲也さん。

私ゃ〜「パパ」じゃないし、
低〜く見積もったって、
ウチの末っ子はすでに少年の域に入ってると思ふ

それがナンでかと言ふと〜…
実はNHKラジオビタミンのレギュラー出演者なんだよね、安藤さん…

ラジオビタミンでは、9時半過ぎから「みんなで子育て」というコーナーがある。
毎週火曜日は「パパチャレ」「ママチャレ」と題し、
「先輩パパ・ママからのアドバイスの日」との設定。
その「パパチャレ」コーナーのアドバイザー。

どうしてもお会いしてみたくて、
末っ子の学校よりコノちらしが来たとき、一も二もなく申し込んだ

無料。
奈良市在住・在勤成人150人…
はてさて参加できるのか…
と思ったけど、その心配は無用だった…
read more ?
category:育児 | comment [0] | trackback [0] | |
うちゅうじん…
JUGEMテーマ:広汎性発達障害

どうしてこのコはこんななんだろう…

長男には疑問符だらけだったっけ…
ホントにこのコは日本人なのか…
ホントにワタシのコなのか…
もしかしてうちゅうじんなんじゃ…

それはもう、ごくごく小さい頃から始まった。
特に夫の実家に帰省した折、だったかもしれない。

とにかく「聞かない」のだ。
「聞き分けが無い」のだ。

義母も
「どうしてそんなイジ言うの…」
とよく落胆してた…

「あのコ(夫のコト)のコじゃからなぁ、
 そりゃあ変わっとると思うよぉ」
そう言っていた義母が、だ。

read more ?
category:育児 | comment [1] | trackback [0] | |
その違いは…(^^;)
JUGEMテーマ:かわいいもの

赤ちゃん用爪切りバサミ
御年21歳ナリ
爪切り

長男が生まれる時に揃えた赤ちゃんグッズの一つ。
まだあった

むか〜し昔…
夫が「鼻毛が伸びた」とこのハサミを使おうとした時、激しい抵抗感っ
「コッチ使ってよっ!」
わざわざソレ用のハサミを買って来た。

だがこの頃…
長男の鼻毛がちらり〜ん
このハサミ使い〜や

夫の時は抵抗感、最大値だったのに…
この違いはナンざんしょ

う〜ん…
モミジのおててだった赤ん坊の、その本人の鼻毛だから…
か…
category:育児 | comment [0] | trackback [0] | |
「妊婦さん用」スキーウェア(^^;)?
ホットストア有限会社
「妊娠中の笑えるエピソードを教えてください」


私は初潮が遅かった。
当時はガリガリに痩せていたこともあったと思う。
私が中学3年生、妹が中学1年生、
二つ下の妹はふっくらとした体型をしていて、彼女の方が先に初潮を迎えた。

中学3年生ともなれば、いくら30年も前でも、たいていの女の子には生理がある。
母はとても心配したんだそ〜な…
ま、私も衝撃らしいことは感じたけど、
水泳をしていたこともあって、生理がないならそれもラクだわ…
その程度だった。

初潮が遅いということは、子宮の発達に問題がないのか、そんなことも考えに入れた方がいいんだそ〜な。
ところが本当にあっけないほどに結婚してすぐに妊娠がわかった。

実家と奈良と行き来するのに、JR中央線の振り子電車に乗る。
めちゃくちゃ乗り物に弱い夫、振り子電車とは「世にも恐ろしい乗り物」なんだそ〜な。
その恐ろしい乗り物でも、私は平気、雑誌だって読めちゃう。
ところがある時、雑誌を読んでいて気分が悪くなった。
それが初めての妊娠のサインだった。

その後、悪阻なんて気のせいだと思ってたのに、
気持ちを強く持っていれば乗り切れるはず、なんて思ってたのに…
吐いて吐いて、お茶を飲んでも吐いて、
一人、横になっているしかなくて辛かった…
初めて泣きながら実家の母に電話した。

長男が生まれ、おっかなびっくり育児も1年が過ぎて…
一人だけでこんなにタイヘン汗
ココにさらに赤ん坊が増えたらやっていけない。
そう思いつつも
二回目の妊娠がわかった汗

まだまだ手のかかる長男もかかえて、悪阻を乗越える自信が無くて、
長男と二人、夫の実家に身を寄せた。

だが…
なかなかにしんどい日々でございましたたらーっ
良いヨメをしようと思いつつ、ままならないわが身。
2週間と持たなかったと思う汗

どたばたの育児、そして引越し。
次男がおっぱいを離れたら…
今度は私が淋しくなっちゃった。
もう一度赤ちゃんを抱っこしたいナ〜…

そしたら3度目の妊娠ぴかぴか
なんとまぁ、健康に生まれついたもんだ。
実両親に感謝した。

今度は腰痛に悩まされた。
次男はヨチヨチ歩き、その上に3歳の長男がいたのだから、それは至極当然だったんだろう。
でも辛くて辛くて…
二階に上がって横になり、わが身の情けなさに涙していると…
わがままでわがままで、こだわりが極端に強くて、
(当時は発達障害だなどとはわからなかった)
(今ならもっと違う対応ができたと思ってるけど)
手を焼いていた長男がそばに来て…
「イタいのイタいのとんでけ〜〜〜っ」
一生懸命私の腰をなでなでしてくれて、さらに涙した。

長男が小3、次男が小1、三男が幼稚園年少。
やはりどたばたの育児の最中、
夫の舌癌治療も乗越えて…
その頃、長野冬季五輪が開催された。
日本で、しかも長野で開催される冬季オリンピック。
こんな機会はめったにないだろう。
夫がフィギュアスケート、リュージュ、ジャンプなどのチケットを申し込み、
リュージュのチケットが当たった。

まさにその頃、4度目の妊娠がわかった。
ソレなのに…
リュージュを見に行くなら防寒対策が必要。
防寒対策ならスキーウェアがいいかな…
のこのことスポーツ用品店に出かけた。
「え〜と…妊婦さん用のスキーウェア…っと…」
ホンキで探してた。
「なかなかナイわねぇ…」
そこではたと気が付いた。

そもそも妊婦さんってスキーしちゃダメなんじゃない?

紳士用Lサイズ、ベンチコートを買った。

そして実家に泊まってリュージュ競技を観に「スパイラル」に出かけた

会場に着いてから気が付いた。
そこが山中であることを…どんっ

雪が積もってるんだよね。
ソレこそ世界中から人が集まる。
たくさんの人が歩くから、安全対策はしてあっても、
踏み固められちゃってツルツルしてるところだってある。

雪の坂道を歩くのに、息子たちは慣れてないもんだから滑っちゃって
「おか〜〜〜さ〜〜〜〜〜ん泣き顔
助けを求める…

だめっ!
今か〜さんにしがみつかれたら、
それで転んだりなぞしたら…
流産してしまうっ!
えぇい、寄るなっ!!

今考えても冷や汗もの。
実家の両親も「長野冬季五輪」というイベントのインパクトが強すぎて、
「妊婦が冬山に行く」危険性について、全く考え付きもしなかったよ〜だ…

末っ子、小学校には行けてないけど、
家の中で元気にいたずらを考え付いてくれる。

良かったねぇ…
臨月までお腹に居ることができて…
今、つくずくそう思うヨたらーっ


女性の健康維持にホットストアの高品質マカ妊娠中の笑えるエピソードを教えてください


JUGEMテーマ:妊娠中のできごと
category:育児 | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |